HOME

ハリーの紹介

家族の紹介

ハリー写真館

バウリンガル

動 画

画像掲示板

はりぐるみ

お知らせ

お友達画像

検索ページ

このページの
最終更新日
2008/03/28

犬種

アラスカンマラミュート

生年月日

1996年3月22日 現在 21才6ヶ月30日 22才まで、あと154日です(^o^)丿

性別

毛色

WOLF GRAY & WHITE

体重

引き取った当初 32キロ → 37キロ36.5キロ(2004年6月)  → 39.3キロ(2005年8月) 
→ 41.7キロ(2008年3月末現在) マジでやばい。。。(ToT)

体高

65センチ

性格

強きを助け弱きをくじく

好きなタイプ

若くてきれいな女の人(とくに男性連れ)

好きな食べ物

お肉・ブロッコリー(ブロッコリーは犬に×だそうです(^^ゞ)・アスパラガス ・お豆腐(国産大豆にがりを使ったもの、安物はフンってされました。トホホ。もちろん、飼い主が食べましたとさ。)

好きな場所

車の荷台。

趣味

遠吠え・なでてもらうこと

特技

独りでサッカーボール(ぬいぐるみ)を投げて、飼い主を誘うこと。美しい人ににじり寄り興味を引くこと。

 好きなおもちゃ  おやつを入れてもらったモレキュボール。サッカーボールのぬいぐるみ。
 好きなこと  家族でドライブ。ママちゃんのハグハグ。ブラッシング。)

今後の目標

目指せ20歳の大型犬!!元気で長生きしてほしい。



 ハリーとの出会い 
 最初の一年   パパちゃんの転勤   大型犬とのお引越し 

 鴨で思い出した話   お散歩中言われた迷言   動物を飼うということ 

 シニアな生活に備えて    暑さ対策    血液検査    暑さ対策 2

   レインボーブリッジ   

 レインボーブリッジ

動物はいつか死んでしまうとわかっていても、本当に死んでしまったら、とっても悲しい。
家族として暮らしていて、いつもそばにいる。。。
そんな子が死んでしまったら、心にぽっかり穴が開いたようになってしまう。

天寿をまっとうしてくれたら、それはとってもすばらしいこと。
でも、病気で死んでしまったり、不慮の事故で死んでしまったり。。。
今も、不慮の事故で死んでしまったワンコのことで、胸を痛めているお友達がいます。

この詩はお友達のめるたんから教えてもらいました。
胸を痛めているお友達や、大事な家族を失ったお友達に届きますように。。。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
レインボーブリッジ

天の少し手前に虹の橋と呼ばれる場所があります。
誰かと特に親しかった動物達は、死ぬと虹の橋へ行きます。

そこには私達の特別な友達のための牧草地および丘があって、
遊んだり出来ます。
食べ物や水も日の光もたっぷりあって、
私達の友達は暖かく、快適に暮らしてます。

病気だったり年をとっていた動物達は
健康と活力を取り戻し、
ケガをしたか身体の一部を失っていた動物達も
再び元気な身体になります。
私達が過ぎ去りし日々の思い出の中で覚えている姿で...

彼らは1つの事を除いては幸福で満足しています。
彼らは残してきた大切な人を恋しく思うのです。

彼らは皆で一緒に走ったり遊んだりしています。

しかし、その中の1人が急に立ち止まり
遠くを見つめる日が来ます。

彼の瞳は1点を見つめてキラキラと輝き、
身体は喜びで震えます。

突然...彼は仲間の中から駆け出し
緑の草の上を飛ぶように走り始めます。
速く...もっと速く...走るのです。

彼は貴方をみつけ
そしてついに貴方と貴方の友達は出会うのです。
再会した喜びで、貴方達はシッカリと抱き合います。
もう2度と別れ別れになる事はありません。

喜びのキスが貴方の顔に降り注ぎ
貴方の手は再び最愛の彼の頭を撫でます。
貴方はもう一度、彼の信頼しきった瞳を覗き込みます。
長い間、貴方の人生から失われていたけれど...
決して心の中から消えなかった
あの瞳を...
そして一緒に虹の橋を天国へと渡るのです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

著作権等、掲載に問題がある場合は、管理者までお知らせくださいませ。

2004年10月1日 掲載